ライオンホーム コラム

アーカイブ

上部構造評点ってなに?【古河市のリフォーム・リノベーション専門店 ライオンホーム】

古河市・野木町・結城市エリアの劇的リノベーション専門店「ライオンホーム」です🦁ライオンホームは古河市を中心に、経験豊富な専門スタッフがリノベーション・大規模リフォームをご提案させて頂いております。

今回のブログでは、上部構造評点についてお話します!

「上部構造評点」とは、建物の耐震性を示す指標です。

弊社では、耐震診断により今のお住まいの評点を算出し、「バランスの良い壁」と「ムダのない耐震金物」を軸とした耐震工事を施すことにより、「一応倒壊しない」とされる評点1.0以上を目指します。

上部構造評点の見方

1.

【評点Gの範囲】G≧1.5

【判定】◎倒壊しない

【解説】現行建築基準法構造規定の定める最低限の耐震強度の1.5倍以上の耐震強度を有する。

2.

【評価Gの範囲】1.0<G<1.5

【判定】○一応倒壊しない

【解説】現行建築基準法構造規定の定める最低限の耐震強度を超え、1.5倍未満の耐震強度を有する。

3.

【評価Gの範囲】G=1.0

【判定】○一応倒壊しない

【解説】評点1.0は現行建築基準法構造規定の定める最低限の耐震強度を有するという意。

4.

【評価Gの範囲】0.7≦G<1.0

【判定】△倒壊する可能性ある

【解説】1981年6月~2000年5月着工の新耐震基準木造住宅の75%位がこの評価にまる。劣化による評点の低減、配置バランス不良及び接合金物不足による耐震部材の強度低減の影響にある。

5.

【評価Gの範囲】G<0.7

【判定】×倒壊する可能性が高い

【解説】1981年(昭和56年)5月以前着工の旧耐震基準木造住宅の95%がこの評価になる。

弊社の断熱性能調査について

弊社では、今のお住まいに、耐震金具は備え付けられているのか。木造のひび割れ・腐食はないか。担当スタッフが、専用の検査器具を使用しながら、床下、屋根裏、基礎周りなど、建物を隅々まで調査します!診断結果を基にした的確な耐震工事により、今のお住まいと比べて「耐震性能2倍」を実現します!

古河市・野木町・結城市エリアの劇的リノベーション専門店「ライオンホーム」

”建て替えの半額でまるで新築リフォーム”をコンセプトに、耐震断熱収納2倍のリノベーションを行っております。

性能向上のリフォーム・間取りの自由変更・実家二世帯化・増築/減築・バリアフリーリフォームなども承っております。

【最新リノベーションイベントはこちら】
https://lion-home.jp/event

【リノベーション展示場🏠見学はこちら】
https://lion-home.jp/model

【🔰まずは資料請求はこちら】
https://lion-home.jp/catalog

【リノベーション施工事例はこちら】
https://lion-home.jp/works